生産終了のnasneがついに復活。 BUFFALOから2021年3月末に発売!

節約

本日、ついにBUFFALO製のnasneの発売日が2021年3月末と発表されました。

2019年に生産が終了したSIE製よりもパワーアップして復活です。(一部残念なところもありますが)

現在PS4までしか対応していないtorneアプリのPS5への対応やtorne mobileアプリの強化など、うれしい発表もありました。

現在、転売目的や元々生産数が少ない?せいか品切れがずっと続いています。しかし、毎月のように販売されているので転売ヤーから購入せずに気長に定価で買えるように待ちましょう。

スポンサーリンク

発売日、価格

発売日:3月末

価格:税込み2万9800円

SIE製と比べて、1万円も値段アップになります。その理由として、HDDが1TB→2TBまで増量されたことや、細かい仕様がパワーアップしたこととSONYへのマージン?でしょうか(笑)

nasne(BUFFALO製)、旧型(SIE製)との違いは

大きな違いは、容量がSIE製では内臓1TB+外付け2TBまでだったのが、BUFFALO製だと内臓2TB+外付け6TBまでの計8TBまで対応したことでしょうか。

細かい仕様は下記になります。

仕様比較


引用元:BUFFALO 製品情報より

内容量の増加

冒頭でも述べましたが、SIE製のnasneでは1TBでしたが、BUFFALO製では2TBまで増量しています。

容量ごとに録画できるおおよその目安は下記になります。容量が倍なので、録画できる時間も倍になっています。

 DRモード3倍モード
地上デジタル約103時間約232時間
BS約77時間約186時間
110度CS約77時間約232時間

 DRモード3倍モード
地上デジタル200時間465時間
BS150時間370時間
110度CS150時間465時間

正直、私は見たら消しちゃうので100時間分あったら間に合いますが、容量が多いことに越したことはないですよね。

拡張性の拡大

SIE製のものは外付けは2TBまででしたが、BUFFALO製のものはなんと6TBまでのHDD/SSDに対応になります。

また、ポータブルHDD/SSDには対応していませんでしたが、こちらも対応になります。

拡張する際にポータブル系の物にすれば、スリムになるので場所にも困りにくくなりますね。

BUFFALO製の場合は、フォーマットがXFSとなっています。

調べた感じだと、XFSの方がFAT32と比べてデータの読み書き速度が速くなるそうです。

媒体設計

SIE製はファンレスでHDDのディスクアクセス音くらいでしたが、BUFFALO製はファン付きになるようです。

離れた場所においておくならいいですが、リビングとか人が集まる場所にあった場合に果たしてこの静音ファンはどこまで静かなのか・・・気になるところです。

ファイルサーバー機能

SMB1.0(2000年頃登場)とSMB2.0(2006年頃登場)の違いを調べましたが、とりあえず性能が上がったということみたいです。

詳しく知りたい方は、調べてみてください。

対応アプリケーション比較


引用元:BUFFALO 製品情報より

アプリについては、結構非対応になるものが多いですね。

特に残念なのがVITAとandroidのVideo & TV SideViewが非対応のところですね。家中持ち歩いてみてたりしたのですがスマホでも見れなくなってしまいます…。後追いで対応してくれるのを願ってます。

torne Mobileでは、480pだったのが720pまで向上するので、Android TVで見ようとしてた私には朗報です。

大画面だとやはり、480pだと画質が荒くなってました。720pでどこまでキレイになるか・・・。欲を言うなら1080pくらいはせめて対応してほしかったです。

対応オプション機器


引用元:BUFFALO 製品情報より

この表見て驚きだったのが、SIE製のnasneもLinkStationと接続が出来てダビングできたんですね…。知らなかった。

LinkStationのような大容量なNASと接続出来れば、容量には困らないですね。後は非常時用のバックアップなど。

家にWifi設備があれば、家のどこにいても録画を見ることが出来るのでかなり便利です。また、設定次第で外出先からも録画番組が見れるのでかなり重宝します。

PS5用のtorneアプリも年末までに配信予定

PS5に対応してくれるのは良いんですが、年末とかちょっと先過ぎますね。

PS5はなかなか手に入らない状態になっていますが、手に入れた私にとっては早くリリースしてほしいところです。

録画を見るためだけに、まだPS4を所持していることになっているので。

まとめ

やっと待ち望んでいたnasneが発売されます。

個人的には値段が・・・2TBのHDDなんて、1万もしないのであと5000円くらい値段下げてほしかったですね。

チューナーは今までと同じ1つのみなので、複数同時録画したい場合、複数台購入が必須になります。

1台3万だとするとちょっとお財布に痛いですよね。

壊れて修理に出すか迷ってた人も、もう少し待てば容量が増えてパワーアップした新型nasneが手に入りますね。

PS5のように転売で品薄にならないといいことを願ってます。

nasneの修理については下記の記事をどうぞ。

節約
スポンサーリンク
スポンサーリンク
alpacaをフォローする
アルパカ ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました