うるケアの加湿はいいけど、やっぱりカビが心配。

一条工務店

一条工務店ではお馴染みの第一種換気システムの「ロスガード90」に冬場の欠点だった乾燥対策の「加湿機能」がついたものが登場しました。

我が家でも感じていますが、本当に冬になると一条工務店の家は乾燥しやすい…。

一度冬を体験しましたが、加湿をしていないと30~40%に湿度が落ち喉が痛くなります。

加湿機能にすごく興味を惹かれますが、ダクト内のカビが生えないのかすごく心配です。

スポンサーリンク

うるケアは、加湿機能の追加であり除湿機能はない

冬にどうしても乾燥してしまう一条工務店の従来のロスガード90に加湿機能」を追加したものになります。

ロスガード90の欠点となっていた冬の乾燥を改善するために、一条工務店とPanasonicが共同開発したそうです。

家中どこにいても同じ湿度になるということで加湿器とはおさらばです。

「さらぽか」のようなデシカント式ではないため、除湿機能」はありません。

加湿の仕組み

特設ページに仕組みの解説動画があります。

一条工務店より

Panasonicの遠心破砕技術を使って水をナノサイズまで分解します。

ナノサイズのミストにしたら後は空気と一緒にダクトを通って部屋中に送り出されます。

アルパカ
アルパカ

マイナスイオンは発生しないのかな…。

リモコンの加湿ボタンを押すことによって加湿をするそうですが、家の中の湿度が十分の場合は加湿をしないとのことです。

アルパカ
アルパカ

勝手に調整してくれるなんてめっちゃ便利!!

電気代がおトク

一条工務店より

なんと電気代が43インチの液晶テレビの3時間運転と同等の消費量になります。

すごい安い!

これなら24時間付けっぱなしでも安心ですね。

各部屋に加湿器を置いたときよりも電気代が安く済みそうです。

メンテナンスフリー(完全ではない)

空気加湿清浄機などで使用しているフィルターなどはついていないため、加湿に関するフィルターの掃除は必要ありません。

さらに給水も水道から直接行われるため自分達がで給水する必要がありません。

自動洗浄機能も付いており、最低1日1回は排水→乾燥→給水のサイクルで洗浄してくれます。

一条工務店より

ただし、フィルター交換が必要

メンテナンスフリーなのは加湿機能のみです。

従来のロスガード90のように給気フィルターや排気フィルターの交換は必要になります。

加湿機能の洗浄能力

浄水器とか使っていると白いカスが中にたまりますよね。

水道水に含まれる、カルキやマグネシウム、カルシウムなどのミネラルが含まれているので白いカスのようなものが溜まります。

特設サイトの動画内では、このミネラル(スケール)などは、遠心破砕技術によって抑制できると述べています。

本当に長年使っていて問題ないのか少し不安ですね。

ダクト内のカビの心配

50年使ったダクト内がきれいだったという一条工務店の話もありますが、ダクト式の換気システムの大敵といったら湿度なので、影響でてくると思うんですよね。

通常の空気を通しているだけであれば問題ないかもしれないですが、そこにダクト式の弱点ともいえるナノミストとなったとはいえ水分がプラスされています。

毎年、蓄積していきいずれはカビが生えるのでは?と懸念しています。

一条工務店の営業に聞いたときにも、

試験はされていると思いますが、私はカビが怖くてオススメしていません。

と話していました。

社員の人も心配しているということはちょっと不安になりますね。

ダクト内にカビが生えてしまったら

ダクト掃除専門業者に掃除を依頼するか、設置されているダクトの全取り換えですね。

第一種換気システムのダクト掃除で代金を調べてみたんですが見つかりませんでした。

推測ですが、5~10万近くはかかってくるのではないかと思われます。

全取り換えについてはも同様に金額はわからなかったですが、すさまじく恐ろしい金額なりそうです。

まとめ

全館加湿とロスガードの欠点を克服しているのは良いですが、新たにダクト内のカビの心配という問題があります。

営業さんの言うように耐久テストやカビが生えないかのテストなどはしていると思いますが、正直ダクト内のカビについてはちょっと怖いですね。

5~6年前に建てられた全館空調のダクト点検の画像を見ましたが、恐ろしくカビだらけでした。

カビの不安が残る中、冬の快適さを取るか通常の乾燥ロスガードにするか悩みどころですね。

きっと一条のことですから、あまりにも多くのオーナーの家に問題が出れば何かしら保証してくれるでしょうから試しに「うるケア」導入してみるのもありですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました