【2019年版】Amazon アソシエイトに落ち続けた私が試したこと

Amazon
アルパカ
アルパカ

何度申請しても承認されない…。

審査が厳しいというAmazonアソシエイトに3回目にしてやっと受かりました。5日間悩みながらAmazonと格闘していました。

Google アドセンスと同時に申し込みしましたが、Amazonの方は次の日には結果がくるので毎日のように微調整しながら申請していました。(きっとAmazonの審査の方も毎日のように同じページの申請が来て大変でしたよね。)

この記事を読んでいる方はきっと今も承認されずに困っていますよね。連続して落ちた私が受かるまでに試したことを書いていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1回目の申請

申請内容

申請前に他のブログを参考にして、下記の点を満たすように申請しました。

  • Amazonで買い物したことのアカウントがいい
  • Amazon プライム会員がいい
  • Amazon の商品を紹介できるページが事前にあるといい
  • サイト内に別の広告はない方がいい

ブログを運営していく上で必要な「問い合わせフォーム」、「プライバシーポリシー」を設置して、申請にはAmazonでよく買い物をするアカウントを使用しました。(もちろんプライム会員です。)

申請した際のブログの状態は、

サイト運用期間   :14日
記事数       :11
平均文字数     :2255文字
サイト内の広告   :なし
プライバシーポリシー:あり
お問い合わせフォーム:あり
自己紹介      :あり

申請時のレビューの記事は2つでした。なので、ブログのトップドメインと紹介している記事の2つ併せて3つのURLを「ウェブサイト情報の入力」に入力しました。※画像にはありません。

後は、ブログに該当する内容を入力・選択しビクビクしながら申請しました。

落ちたとしても何のペナルティもなく、何度でも受けられるし「当たって砕けろだ!」と思っていました。

審査結果

Amazonアソシエイト・プログラムにお申込みいただき、ありがとうございます。

このたび当プログラムへの参加を申請いただいたWebサイトを拝見いたしましたが、お申込みを承認することができませんでした。

もちろん不合格!!

申請時は「当たって砕けろだ!」と思っていても、やっぱりお断りの連絡をもらうと悲しくなりますね。

2回目の申請

申請内容および1回目の対策

「Amazon アソシエイト 落ちた」等で調べると、申請時のサイトの内容および紹介したい商品などについては制限文字数の256文字ギリギリまで入力したほうがいいという情報を発見。

たしかに自分のサイトの商品を売ってもらうんですから、まともなサイト・熱意のあるサイトでないと承認は出したくないですよね。

  • Amazonで買い物したことのアカウントがいい
  • Amazon プライム会員がいい
  • Amazon の商品を紹介できるページが事前にあるといい
  • サイト内に別の広告はない方がいい
  • 申請時のサイトの内容を具体的にわかりやすく

Amazon アソシエイト申請時のサイトの内容を具体的にわかりやすいように
修正して再度申請!申請したときの修正内容を恥ずかしいですが晒します。

≪変更前≫
家のことについて記事にしているブログになります。また、今後は自分で使用した商品のレビューや出産・育児に役立つ情報を発信していく予定です。

≪変更後≫
【内容】
実体験に基づきこれから家を建てる方へのアドバイスや、使用してみた家電のレビュー、
出産にあたり事前に準備したものや育児に使用したおもちゃ等の生活に関する情報発信をしていきます。
【想定読者】
・家を建てようと思っている人
・家電の新規購入や買い替えを検討している人
・初めて出産する人
・育児をしている人
【紹介したい商品】
・日に日に便利になっていく生活に欠かせない家電
・出産前に準備したマタニティグッズ
・育児使用しているおもちゃやベビー用品

最初のやつは、本当にさらっと書いてあるだけでした。サイトの内容、どんな人をターゲットにしているか、紹介したい商品について細かく記述しました。

2回目の申請した際のブログの状態は、

サイト運用期間   :15日
記事数       :12
平均文字数     :2270文字
サイト内の広告   :なし
プライバシーポリシー:あり
お問い合わせフォーム:あり
自己紹介      :あり

1回目との違いは、1日経過したのと記事を1つ追加して平均文字数が少し増えました。

審査結果

またもや不合格!!

なんで!?

どうして!?

理由を教えてください。お願いします。

定型文の回答はいらないよ。ピンポイントでわかるやつをお願いします。そう思っても教えてはくれないんですよね。

3回目の申請

申請内容および2回目の対策

本当、原因がわからない。いろいろ情報を集めても、規約違反していないか「再確認してください。」の情報ばかり。

記事や固定ページが少ないから見直すのはほかの人に比べて楽なんですけど、どこがいけないかまったくわからない。

せめて、どこのページを直したらいいのかわかったら…。そう思ったときにひらめきました。

アルパカ
アルパカ

審査の時ってどのページ見てるんだろ。Google アナリティクスで確認してみよう。

悲しいことに外部からのアクセスは私自身か、審査を依頼したGoogleアドセンス or Amazon アソシエイトのどれか。

Googleアナリティクスで確認したところ、ブログのトップページとプライバシーポリシーにアクセスの形跡がありました。

トップページには、1分未満の滞在。プライバシーポリシーのページには5分程度の滞在。ほかのページにはアクセスがありませんでした。

アルパカ
アルパカ

これは…プライバシーポリシーのページに問題があるのか?

一応、プライバシーポリシーの内容を確認し、足りなさそうなところの項目を追加・修正しました。

3回目の申請した際のブログの状態は、

サイト運用期間   :18日
記事数       :13
平均文字数     :2155文字
サイト内の広告   :なし
プライバシーポリシー:あり(見直し)
お問い合わせフォーム:あり
自己紹介      :あり

落ちる原因を探していたため、2回目の審査から日付が少し空いてしまいました。

審査結果

Amazonアソシエイト・プログラムにお申し込みいただき、誠にありがとうございます。当プログラムへの参加のお申し込みを正式に確認させていただきましたので、お知らせいたします。今すぐAmazon.co.jpへのリンク作成を開始いただけます。

なんと合格!!

きました!待ちに待った合格通知。いやぁやっぱり審査が通ると嬉しいですね。これでやっとアマゾンのリンクが作れます。AmazonのAPIの改変で、Cocoonで使う際に商品情報を取得するのにどうしても必要だったんですよ。

※よくよく改変内容を読んでみたらAPIは過去に売り上げがないと使えないとのことで結局、私はすぐに使うことが出来ませんでした。

まとめ

審査に落ちても、明確な原因がわからないのでどこを対応すればよいのかわかりませんよね。

現在もなぜ審査が受からないのかわからないという人は、規約に違反していないかの確認とAmazonの人が自分のサイトのどのページを確認しているかを調べてみると受かるための原因がわかるかもしれません。怪しいところをひとつずつ修正していきましょう。

どうしても受からない場合は、比較的審査の緩いと言われている「もしもアフィリエイト」経由でAmazonに申し込みしてみるのもいいと思います。※ただし、一部の報酬額はAmazon本家の方が良い場合があります。

Amazonの審査に受かってアフィリエイト生活を始めましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました